2013.07.04

6月の環境月間が終了しました。

6月にスタートした環境月間。千趣会では社内でも環境にええこと(いいこと)をしようと、「ええことグリーンプロジェクト」と題して主に4つの活動に取り組みました。

 

 「BOOK MAGIC」(ブックマジック)

これは、省資源を推進しながら、社会に良い活動を行うことを目的に、いらなくなったCDやDVD、書籍を換金して途上国や東北の被災地の教育支援事業に使われるものです。(→「ブックマジック」について詳しくはこちら

当社では6月3日にスタートしましたが、早々にたくさんの本の寄付が集まりました。 収集箱からはみ出す勢いで、うれしい悲鳴です。

 

BOOK

 

取り組みは、千趣会の大阪本社・ビジネスセンター、東京本社、コールセンター3拠点、物流センター3拠点の計9拠点、期間は、6月3日(月)~14日(金)で実施。 本社(大阪・東京)・ビジネスセンターでダンボール7箱分、物流センターで11箱分、コールセンターで7箱分の寄付が集まりました。 換金後の結果は、後日BOOK MAGICから連絡が届きます、分かりましたら、またここでご報告いたします。

 

 「マイボトルキャンペーン」 使い捨てになる紙コップやプラカップ、ペットボトルの使用量の低減を目的とした環境省の推奨する取り組みである「マイボトルキャンペーン」。 千趣会では、3年前から本社のカフェテリアで「マイボトルキャンペーン」実施しています。

MYBOTOL

6月の1か月間、参加者の拡大を目指してマイボトル持参の従業員には、ドリンクを割引販売、またポイントカードを発行し継続利用も強化するキャンペーンを実施しました。 その結果、577杯分の紙コップの省資源に貢献することができました。

また、8月1日(木)からは、一新して年間を通してキャンペーンを実施していく予定です。 結構地味な活動ですが、今後も継続していきたいと考えています

 

 

「節電」

 

クールビズのスタートに伴い、6月から千趣会でも節電の強化月間に入りました。 強化月間は、6月1日~9月30日、当社の6か所の社屋において実施し、目標値は、電気使用量(kwh)の2010年度比で15%のダウンです。 これが達成できると期間内で249,688kwhの節電につながり、2010年度対比で2011年は△16.63%、2012年度は△23.93%と3年連続で大幅な節電を達成いたします。 (※2010年度と対比している理由は、東日本大震災前の使用量を基準とするためです。) その施策として以下の取り組みを実施しています。

 

① 社内の空調の設定温度の調節により調節後の室温を28℃に。

 

004

 

② トイレの便座ヒーター、温水シャワー、手洗い温水の電源OFF。

 

 

③ エレベーターの上り2フロア、下り3フロア以内の利用制限。

 

 

SETSUDEN

 

 

④ 毎週水曜日のノー残業デーの推進。

 

⑤ 各部署のマネージャーを節電推進者に任命。

 

⑥ 各フロア、施設における不要照明の消灯の徹底。

 

⑦ 総務部によるチェック。 節電の取り組みの結果は、強化月間終了後(10月末頃)にご報告いたします。

 

 

 「ライトダウンイベント」

 

政府が省エネルギー・地球温暖化防止のための啓発活動である「チャレンジ25キャンペーン」の一環として、公的機関・民間企業・学校・家庭に向け参加を呼びかけている「ライトダウンキャンペーン」。 千趣会は、「ライトダウンキャンペーン」へのチャレンジ宣言をし、取り組みに参加しています 夏至(6月21日<金>)のライトダウンイベントは、千趣会本社・ビジネスセンター・東京本社で実施しました。20:00に全館一斉に消灯!ライトダウンは成功しました。

 

LD1

4Fテラスより見上げた本社社屋(PM6:00とPM8:00の対比)

 

LD2

<右>2Fより1Fロビーを望む(PM6:00とPM8:00の対比)

 

LD3

1Fフリッパーゲート (PM6:00とPM8:00の対比)

 

LD4

本社全景 (PM6:00とPM8:00の対比)

 

 

この結果、本社・ビジネスセンターでの削減貢献は、 369kwh(電気使用量) 139.48kg‐CO2(二酸化炭素排出量) となりました。 次回、七夕ライトダウンイベント7月5日(金)に予定されています。 (7月7日が日曜日のため、前倒しで実施します。) この模様は、後日またご報告いたします。 「ええことグリーンプロジェクト」 千趣会では環境にいいこと、自分たちにできることから取り組みを始めています。 あなたも私たちと一緒にできることから始めてみませんか

ページのトップへ

スマホ版トップへ