2015.01.12

ハハトコのグリーンパワー教室レポート  第7回 那覇市立垣花(かきのはな)小学校

2015年 1月9日実施 

20150109_1.jpg 20150109_2.jpg

垣花小学校は1945年に創立した由緒ある小学校です

6年(1組・2組)全生徒の44名対象、理科の時間の5,6時間目を使った授業では、まず再生可能エネルギーとはどんなものかとの説明から。

沖縄県は、川が少ないことから水力発電はありません。また火山もないので地熱発電もできません。

代わりに、風力発電は盛んなようです

そんな地理的な問題も加味しながら、沼田先生が説明されました。子どもたちは、どの子も真剣に話を聞いていました

チーム分けは各5~7名のグループ。

(風力発電だけは人気だったので、2グループ作りました

「CMをつくろう、そのテクニックとは・・・」では、子どもたちはワクワクした表情でノリもよかったです

1時間目が終わり、10分の休み時間では沼田先生の周りに子どもたちが集まって雑談をしたり、ふざけあったり・・・と、とても子どもらしい無邪気な姿を見ることができました。

2時間目からのグループ討議も全員真剣で、さずが沖縄といったダンスのステップを踏んだりと振り付けを考える姿もみられ、期待感も高まりました。

2時35分いよいよ発表。

前に立った瞬間、言葉がでなく固まってしまう子が数人。

とはいえ、生徒の誰一人として、批判的なことや野次を飛ばすことなく、一生懸命応援し根気強く待って見守る姿が印象的でした。

後半に登場したチームは、スター的な男の子がひっぱりうまくまとまったところと、全員で寸劇をしたところがあり、大成功でした

前半に登場したチームは、うまくできなかったことを、とても悔しがっていたのが印象的でした。

授業が終わった後も、なかなか帰ろうとしない子どもたち...

彼らにとっても刺激的な楽しい時間だったようです

千趣会 加藤

ページのトップへ

スマホ版トップへ