2016.06.21

担当Hレポート「新電力に乗り換えてみました」【3:請求編】

担当Hです。前回のレポートから2か月近く。ようやく1回目の請求がきました。ドキドキ。

まずは少しさかのぼって、請求手続きに戸惑ったことなど。

私が選んだ新電力のミツウロコグリーンエネルギーさんはもともとBtoB(会社向けのビジネス)の会社だったからか、今回のBtoC(個人向け)の自由化に関しては支払いを外部のクレジット会社に委託されているのと、コストダウンのためか、ネット中心の手続きをされているようです。電気料金の引き落とし登録手続きで、ネット上で銀行カードの暗証番号入力を求められたのには正直戸惑ってしまいました。

そこで、再度引き落とし登録を改めて郵送手続きにしたため色々と時間がかかってしまい、今に至ります。

郵送用の封筒はみんなが知ってるあのキャラクター入り。

ミツウロコちびまるこ.JPG

で、今回の請求内容ですが・・・

関西電力さんの前月4月分(3月24日~4月24日)、従量電灯A契約。使用量482kwh

請求料金13,589円税込(単純計算kwhあたり28円19銭

4月分.JPG

でしたが、

今回のミツウロコさん5月分(4月25日~5月25日)、関西従量電灯A契約。使用量418kwh

請求料金10,794円税込(単純計算kwhあたり25円82銭

5月分1.JPG 5月分2.JPG

と、約8.4%の削減!!

5月分からは再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(再エネ促進賦課金)がkwhあたり

1円58銭から2円25銭に値上がり(+67銭)していますが、今回は計算にいれていません。

また昨年2015年のH家の年間電気使用料金は182,129円だったので、

単純計算で年間15,480円ほど削減出来そうです。

もちろん、プラスして省エネの方も頑張らねばですが。

また、ミツウロコさんで一部再生可能エネルギーに切り替わったという実感は全く無し。

伝票に打ち出された数字にも一切表示はありませんでした。

このあたりの実感がないと、残念ながら値段やサービスだけの競争になっても仕方がないですね。

ページのトップへ

スマホ版トップへ