2016.07.11

えがおの森保育園にて「赤谷の森のカスタネットワークショップ」を開催しました。

先日6月24日、千趣会グループの運営する保育園、「えがおの森保育園・いの」(千葉県佐倉市)にて、3~5歳の園児とその保護者約70名が、赤谷の森の木で出来たカスタネットを思い思いにペイントし、楽しく過ごしました。

IMG_8780.JPG IMG_8771.JPG

このイベントはえがおの森グリーン基金が応援する公益財団法人日本自然保護協会様が赤谷の森(群馬県みなかみ町)の保護プロジェクトを知ってもらおうと企画していただいたもので、ワークショップの前には赤谷の森の動物たちや保護の活動について紙芝居とプロジェクターで説明。

DSC_0355.jpg IMG_8986.JPG

お父さんお母さんの世代が子供の頃、必ずと言って良い程使っていた懐かしい赤と青2色のカスタネット。

実は赤谷の森のふもとの工場で作られていたんですね。今回使用したものは特別に復刻したブナやクリ、サクラなどの木を使った未塗装のもの。音のひびきもそれぞれ少しずつ違うそうです。

IMG_8859.JPG IMG_8976.JPG

園児たちは興味津々。 自由にカスタネットを絵付けした後は、みんなで「おもちゃのチャチャチャ」の伴奏に合わせ「タン!タタン!」とにぎやかに合奏しました。 保育園はイベントの間中、親子の笑顔と歓声でつつまれていました。

akayamini.jpg takamini.jpg 

                       撮影 : 折内耕一郎

千趣会では、地道に日本国内の自然保護活動を続ける公益財団法人日本自然保護協会の「AKAYAプロジェクト」を2007年より応援してきました。このプロジェクトは群馬県みなかみ町の「赤谷の森」を舞台に、生物多様性の復元と自然を活かした持続的な地域づくりを目指す活動です。 

詳しくは→

「AKAYAプロジェクト」http://www.nacsj.or.jp/akaya/index.html

「AKAYAプロジェクトフォトギャラリー」

http://www.senshukai.co.jp/main/top/photo_gallery/index.html

ページのトップへ

スマホ版トップへ