2016.07.22

担当Hレポート「新電力に乗り換えてみました」【4:請求編7月】

担当Hです。梅雨 もあけていよいよ夏到来ですね。

暮らしの中でエアコンを中心に最も電気を使う時期です。

今月の請求が来ました。

6月分.JPG

新電力ミツウロコさん6月分(5月26日~6月22日)、関西従量電灯A契約。使用量389kwhで

請求料金9,813円税込(単純計算kwhあたり25円23銭)

と、昨年同月11,513円(399kwh)から単純計算で約15%ダウン!!

※5月分からは再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(再エネ促進賦課金)がkwhあたり1円58銭から2円25銭に値上がり(+67銭)していますが、今回は計算に考慮していません。

奥さんゴキゲンです。

一方、大阪は梅雨明け後、さらに猛烈な暑さ。

クーラーで室内温度を何とか27度より下がらないように気を付けています。

また、昨年の7月分の使用電力は494kwhを何とか越えないようにしたいです。

スマートメーターの導入により、電力使用量の途中経過もわかればいいのですが・・・

電力会社によってはそんなサービスもあるようですが、ミツウロコさんに電話で問い合わせてみましたが無かった。残念。

また、話は変わりますが・・・・

0720毎日.JPG

7月20日付の毎日新聞にこんな記事が載ってました。

関西電力さんが「2030年までに再生可能エネルギーの発電所を新たに建設し、現状の発電能力の5倍の50万キロワットを目指す。」とのことで、エネルギーミックス(最適な電源構成)の問題はさておき、とりあえずはグリーンパワーの今後にとっては明るいニュースですね。

ページのトップへ

スマホ版トップへ