2017.03.28

ハハトコのグリーンパワー教室レポート 第14回 大阪特別授業(西梅田・毎日インテシオ会議室)

2017年3月26日(日)

グリーン基金を使ったメインプロジェクトハハトコのグリーンパワー教室では東日本大震災以降、注目を集めてきた再生可能エネルギー、「グリーンパワー」について、これまでに全国13の小学校などで出張授業を実施してきました。目的はこれからの未来を担う子供たちとそのお母さんたちに太陽光や風力をはじめとした再生可能エネルギーを知ってもらうこと。

今回は、昨年の渋谷同様、一般公募で親子を招待する新カリキュラムでの特別授業を大阪・西梅田で行いました。

ad.jpg

3月26日春休みの日曜日、西梅田の毎日インテシオF会議室に親子44名の参加者が集まりました。今回は前回の「モーターを使った工作」に代えて「ダイナモ発電機の体験」がメイン。もちろん講師の沼田先生による再生可能エネルギーを学ぶ時間も設けられています。

miniP3260538.jpg

講師のぬまっち先生こと沼田先生は1975年生まれ。リーダーシップコーチ論、スポーツ経営学・管理学がご専門で、現在、国立東京学芸大学附属世田谷小学校に教諭として在籍。様々な著書の執筆やTV出演もこなす、バイタリティ溢れる先生です。沼田先生は2013年から経済産業省が推進するグリーンパワープロジェクトにもかかわっておられ、「ハハトコのグリーンパワー教室」のすべての授業を受け持っていただいています。

miniP3260569.jpg miniP3260568.jpg

まずは座学。沼田先生から発電のしくみとグリーンパワー、再生可能エネルギーについてのお話を。小さなお子さんにはなかなか難しいですが、「火力発電のための石油があと40年でなくなるかも!」という衝撃情報を聞き、集まった参加者は真剣そのもの。

miniimage1.jpg miniP3260596.jpg

休憩をはさんで、いよいよメインイベント。各自にダイナモ発電機が配られます。ハンドルを回してライトがつくと教室のあちこちから歓声が。次に、用意されたLED電球や扇風機、卓上クリーナー、加湿器など色々なUSB家電に発電機をつないで動かしてみます。

miniP3260627.jpg miniP3260623.jpg

LEDライトや扇風機は比較的簡単。

miniP3260615.jpg miniP3260654.jpg

卓上クリーナーや加湿器は途切れなく給電するのが難しい。

miniP3260683.jpg miniP3260686.jpg

また、持ってきたスマホやタブレットにつないで、バッテリー量を1%上げる事の大変な事!

子どもたちが熱中し始めると親御さんもつられて、大奮闘!

miniP3260698.jpg miniP3260712.jpg

存分に試した後は「発電って結構難しい!」という流れから家族の節電について「おうちの電気無駄遣い」発表大会。これがとても明るい雰囲気で盛り上がり、それまでおとなしかった子供たちも積極的に手をあげていました。

miniP3260744.jpg

今回も親子一緒にエネルギーや発電について考える楽しい授業になりました。千趣会えがおの森プロジェクトでは、今回の特別授業の結果を元に今後のグリーンパワー教室の授業に活かしていきます。

この特別授業のほか、小学校出張の授業も随時募集の予定ですので「ハハトコのグリーンパワー教室」ページを是非チェックしてみてください。

萩原

ページのトップへ

スマホ版トップへ