2016.02.12

痛みのない乳がん検診!?

乳がん検診を受けていますか?

痛いですよね、マンモグラフィー検診 でも、早期発見が大切と思い、そして数分の我慢だ!と思って耐えてマンモグラフィー検診を受けています

以前、乳がん検診クーポン券をプレゼントした際に、検診のアンケートを実施、またベルメゾンデッセでも、'乳がん検診について'のアンケートを実施しましたが、マンモグラフィー検診は「痛いからできれば受けたくない」、「怖い」という声が目立ちました。

'マンモグラフィー検診 アンケート'ブログはこちら

  http://www.egaono-mori.jp/pink/blog/2015/07/204.html

ベルメゾンデッセで乳がん検診についてのアンケートはこちら

  http://www.b-desse.jp/report_live/092/live092.htm


マンモグラフィー検診を痛いと感じてる方が多いことが伺えます。がっ!そんな声にお応えするかのように、夢のような検査が考え出されているようです!医学はどんどん進歩していますね!

2月9日(火)18時15分からの朝日放送「キャスト」で、『女性に優しいがん検診最前線』の特集がありました。

街の女性にがん検診についてインタビューをされてましたが、『猛烈に痛い!』、『面倒』、『自覚症状ないから大丈夫と思ってしまう。』というような声があり、まだまだ検診を敬遠される方が多いようです。また大腸検査についても、『恥ずかしいから嫌!』、『下剤が苦痛』などという声がありました。

大腸がんは女性のがん死亡率第1位です。

乳がんは女性のがん罹患数第1位です。

そこで、大腸検査においては、CTを撮り、画像を再構築することによりがんを発見できるとのこと。下剤も従来の内視鏡検査であれば、2Lの下剤を飲まなければならないところ、180mlでよいとのこと!下剤が苦痛という声もよく聞きます。所要時間も、内視鏡検査であれば、30分から1時間ですが、新しい方法では、5~10分とのこと!

乳がん検査は、乳房専用のPET装置であれば、装置の寝台にうつ伏せになり、18.5cmのホール(穴)に乳房をいれるだけとのこと!時間は左右5分ずつ!寝ているだけで、小さながんも発見できるのだとか。すごいですね!

なんと女性に優しい検診なのでしょう!

ただお値段はまだまだお高いようです。。。

乳房専用のPET装置が普及し、お値段も安くなることを願うばかりです

乳房専用PET装置の早急な普及に期待しますが、その普及を待たず、マンモグラフィー検診、40歳をすぎれば2年に1回は受けてくださいね!

4月頃に、えがおの森 ピンクリボンプロジェクトで『乳がん検診(※マンモグラフィー検診)クーポン券プレゼントキャンペーン』を実施する予定です。

またこのブログでもお知らせいたしますね。

月に1回のセルフチェックもお忘れなく

ページのトップへ

スマホ版トップへ