2016.02.29

ブラジャー開発 vol.2

乳房再建をされた方向けのブラジャーの開発に取り組み始め、昨年12月に第1回グループインタビューを実施しました。

第1回開催時のレポートはこちらをご覧ください   

→  http://www.egaono-mori.jp/pink/blog/2015/12/222.html

そして、2月24日(水)、第2回目のグループインタビューを実施しました

今回は、第1回開催時にいただいたご意見をもとに、サンプルを試作し、6名の方に千趣会・東京本社にお集まりいただき、ご意見を伺いました

ブラジャーの試作をおひとりおひとりに、実際に手にとってみていただきました

ブラ3.jpg

 

ブラ4再.jpg

   ※開発中なので、まだお見せできません!ごめんなさい!

『素敵!』『ノンワイヤーでいい!』『デザインもおしゃれさがある!』とうれしいお言葉をいただきました!

そして、より具体的に素材や縫製、アンダーの幅、肩紐の太さなど細かいところまで、気付いた点を、お聞かせいただきました。

ブラ1.jpg

ブラ2.jpg

乳房再建をされた方でも、浮腫のある方、両胸再建されてる方など、悩みは様々です。

また急に汗をかいてしまい、汗がひくとインプラントが冷たいこともありとても冷えてしまうとのこと。すぐに汗をふけたり、汗染みのできないものが欲しいという意見もありました。聞いてみないとわからないものです。本当に生のご意見は大切です

開発者としては、その悩みを解決する商品も検討していこうと思っています

『普通はデザインで選ぶけど、私たちは仕様で選ばなきゃいけない・・・でもおしゃれなものがいいんだけどなぁ・・・』、『下着はずっとあきらめていた。キュンとするものが欲しい!』・・・そんな気持ちにお答えしたい!

いただいたご意見を大切に、キュンとなる、笑顔になるブラジャーを作っていきたいと開発メンバー一同、がんばります

そして今回、乳がんになられた方にも使いやすいバッグも、サンプルを試作し見ていただきました!

バッグに関しても、ショルダーの幅、素材、胸にあたる部分がどうなっているかなど、こうだったらいいな~とたくさんご意見をいただきました。

バッグ2.jpg

また前回のご意見で、物がたくさん入り、軽量なものがいいというご意見が多数で、マザーズバッグ的なものがいいのでは?と考え、現在ベルメゾンで販売しているマザーズバッグも見ていただきました。

マザーズバッグのいいところを取り入れつつ、乳がんならではの悩みを解決し、かつ仕事にも使えるようなデザインを引き続き検討していきます!

ちなみにバッグについては、男性の開発担当者が直接ご意見を伺わせていただきました。女性を前に最初はかなり緊張してましたが、参加者のみなさんの明るさに、徐々にほぐれてました

最後には、次回『あっと感動いただけるバッグを作る!』と自らプレッシャーをかけておりました こちらも楽しみですね

バッグ1.jpg

   ※事前に参加される方には男性がインタビューすることについてご了承いただいてます

最後に・・・前回も今回も感じたのですが、グループインタビューに参加される皆さん、とても明るく、前向きな方ばかりで、こちらの方が元気をいただきます

これからも、乳がんに罹患された方を、様々な形で支援を行っていきたいと思います。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございます

商品開発について、またこの場でご報告をしてまいります。次回をお楽しに

ページのトップへ

スマホ版トップへ