2017.09.22

乳がん認定看護師さんとのつながり

こんにちは!
今日は、先日、
乳腺外科のある某大学付属病院の看護師さんとのつながりの話をさせていただきます。

この看護師A様は、乳腺外科のある病院病棟にて、
乳がん患者様への情報提供を積極的にされているとのこと。
(乳がんの手術を経験された方や、抗がん剤治療により
外見の変化を経験される方に、ウィッグやブラについてお伝えしておられるそうです。)

千趣会の乳がん経験者のためのブランド「ビーリボン」の
ブラについて、問い合わせをいただき、サンプルをお送りさせていただいたという
経緯があり、お礼のメールをいただきました。

その中で、
「デザインがオシャレで可愛らしい」
「術後という印象がなく明るい」と患者さまからも好評を頂いたいう声があったとのご報告が!

本当に嬉しいお声で、
デザイナー、バイヤー、そしてピンクリボン担当の私で大喜び。
実際に必要にしている方々に、心を込めて開発したこの商品の情報が届くことがとても嬉しいのです。

そして、後日デザイナーと共にお伺いし、お礼を伝えると共に、
商品の特徴の詳細説明をさせていただくことに。

また、今開発中の商品もご覧いただき、ご意見も頂戴いたしました。
帽子やブラなど、「アピアランス(外見)のケア」が大切になっていること、
情報の選択の時代になっていることなども教えていただきました。

これからも、当事者の方、現場におられる医療関係者の方のご意見を伺い
寄り添いながら開発を続けたい!と決意を新たにした出来事でした。

看護師のA様、ありがとうございました!

ページのトップへ

スマホ版トップへ