2017.12.26

ゆったり「がん」を話せる海辺のカフェ マギーズ東京(前編)

今日は、「カフェみたいながんの相談施設」<マギーズ東京>をご紹介します!

がんで心身の疲れを感じている方には、ひとつの希望となるような、とてもとても素敵なところですよ^^

 IMG_9929.jpgのサムネイル画像

ここ「マギーズ東京」は、予約なしにふらっと立ち寄れて、

看護師さんなど医療関係者と、自分と「がん」について、

自分の毎日やこれからについて、ゆったり話を聞いてもらえる。

また、カフェのようにお茶を飲んだり本を読んだりして静かに過ごしてもいい、そんな場所です。

 

東京・有明にあり、最寄駅から徒歩5分ほど歩くと、たたずまいの美しい平屋の建物が

木々の向こう側に見えてきます。

IMG_9959.jpgのサムネイル画像

IMG_9945.jpgのサムネイル画像

2016年の10月にできたマギーズ東京は、わたしが訪れた時はちょうど一周年記念の時期。

NHKドキュメンタリー番組でも、「がんの相談施設」として特集が組まれ、放映されて話題にもなっていました。

この施設では、様々ながんを患う当事者の方、ご家族の方などを日々受け入れて、

皆さんの声に耳を傾け、時にアドバイスをしておられます。

 

 

こちらは、「マギーズ東京」に常駐しておられる看護師の岩城さん。

岩城さんに、「マギーズ東京」について、色々とお伺いしました。

IMG_9953.jpgのサムネイル画像

 

マギーズ東京は、東京・有明一日に何人もの相談者が訪れてます。

わたしが取材させていただいたこの午前中も、3組以上の方が来られていました。

お一人で、パートナーと。年代も30代頃の方から60代くらいとお見受けする方まで様々。

 

ここには、がんに関する知識をもつ看護師の方が常駐されているのと、

管理栄養士、心理療法士の方も週に一回は来られています。

お茶を飲みながら、雑談しながら、自分のがんについて、相談したり話を聞いてもらうことができます

予約なしにふらっと来て、そして話して、"またね"と帰れる。

そういう形をとられています。

 IMG_9949.jpgのサムネイル画像

がんにかかると、

医師が選択肢を提示して、選択は患者自身がする場面も多くあります。

例えば乳がんなら、温存するのか切除するのか。乳房再建するのかしないのか等。

 

また、がんにかかったことで、人生における選択肢に影響があることもあります。

例えば彼氏と結婚が決まっていたけれども、がん患者ということで相手の両親に反対されている。

別の例では、仕事と治療を両立させたいが、会社や仕事仲間にどういったらいいか悩んでいる。

他にも、ある程度年を重ねてこられた方で、がんもかなり進行しているが、今の気持ちを聞いてほしい...

 

相談内容は様々だそうですが、医学的な知識を持ち合わせた上で、マギーズ東京のスタッフは

「Aがいい、Bがいいと勧めるのではなく、選択肢を一緒に探していく」というスタンスで

共に寄り添い、考える。

そのようにされているそうです。

 

IMG_9947.jpgのサムネイル画像

来訪者の希望にあわせ、仕切れば個室になる場所も用意

 

 

普段、患者の方が病気について知り向き合う場所は病院が中心ですが、

反面、効率や機能重視の場所であり、医療スタッフもそれを求められることも多いもの。

 

ここは、病院では担いきれない部分を、医療等専門知識のあるスタッフが、

患者さんと「横の目線」でつながることで、がんを患う本人が本来の自分の力を取り戻す

手助けの役割を担われています。

 

これまでも、病院によってはがんの方向けの相談窓口が設けられているという場所もありますが、

基本的には予約をして相談をするという形式が中心。

ちょっと聞いてほしい、という気軽な形を取りたいということで、予約なし、無料。

そしてもちろんプロの医療スタッフ常駐という形式をとられています。

これは、たくさんのがん患者さんが望んできた場所ではないでしょうか。

  

 

担当Yが今回実際に訪れてみて感じたこと。

それは、「ここは人と人の心のふれあいがもたらす、温かい空気が満ちている」ということ。

イギリスからやってきたというファブリックが使われたクッションや、

美しく調和のとれたインテリアの中に身を置いて、温かいコーヒーを入れてもらうと、

何の心配もなく、「リラックスしてここで全て聞いてもらおう」を自然と心が開いてくる・・・

スタッフの方も、そして自分たちを包む空間そのものも、こちらを「尊重してくれている」のを感じます。

わたし自身も、気が付くとがんを患う身内の話を岩城さんに聞いてもらっていました。

IMG_9934.JPGのサムネイル画像

 

がんを患っておられる方、家族など身近な方ががんにかかり心を痛めておられる方、

またがんの疑いを持っておられる方などは、

ここで話を聞いてもらうと、肩の荷が何分の一にも小さくなるのを感じられるかもしれません。

また、こういった場所がある、ということだけでも安心感につながるように思います。

素敵な場所が日本にできたこと、嬉しいですね。

この活動が継続され、広がることを期待しています。

マギーズ東京

〒135‐0061 東京都江東区豊洲6-4-18
TEL:03-3520-9913
FAX:03-3520-9914

開館時間:月曜日~金曜日(午前10時~午後4時まで)

(後編につづく)

※<後編>では、マギーズ東京の発祥や成り立ちについて書きます

ページのトップへ

スマホ版トップへ