乳がんは、日本人女性の11人に1人が罹患、誰もがかかりうる病気です。日本女性の壮年層(30~64歳)のがん死亡原因のトップで、年間約1万人の方が命を失っています。

乳がんは乳房にある乳腺にできる悪性腫瘍です。
乳がんは左右の乳房の乳腺にでき、そこから増殖して乳房の外にまで広がります。 そして、リンパや血液の流れに乗って肺や肝臓、骨などの離れた臓器にまで及んでしまう怖い病気なのです。


  • しこりがある
  • 乳頭や乳輪部のただれ
  • 乳房のえくぼ
  • 乳房の痛み
  • 乳頭からの分泌物
  • 皮膚のくぼみや、凹凸感の現れ

早期の乳がんでは自覚症状はほとんどありません。ですから、早期発見のためにも定期的検診が必要なのです。もし上記症状に気づいたら、専門医にすぐ相談しましょう。


乳がんの罹患率は30代後半から急激に増え始め、40代後半から50代前半がピークになります。ただし、若くても、また60歳を過ぎても乳がんにかかる可能性があり、誰もがかかりうる病気と言えます。


乳がんは、早期に発見すれば90%の人が治癒すると言われています。
ですから、早期発見のための定期的なセルフチェックや検診がとても大切です。

先進諸国の乳がん検診率を見ると、欧米や韓国では70%を超えており、アメリカでは実に8割の人が受診しています。しかし、残念ながら日本は30%台にとどまっています。


乳がん検診には、主にマンモグラフィ(X線検査)、超音波検査(エコー検査)の検査方法があります。

乳房を2枚の板に挟んで圧迫し、乳房のX線撮影を行う検査で、乳がんの初期症状の1つ、石灰化を写しだすことができます。

乳腺用の超音波診断装置を用いて超音波を乳房に当て、はね返ってくる反射波の様子を画像化したものです。指で触れることができない数ミリの小さなしこりも発見できます。放射線被爆を避けたい妊娠中の方、若い方、強い乳腺症の方などは超音波検査が適しています。

乳がん検診のより詳しい情報を、認定NPO法人 乳房健康研究会のサイトでご覧いただけます。

ページのトップへ

スマホ版トップへ