乳がんは自分で発見することができる数少ないがんで、小さなしこりで気づくことも少なくありません。月に1度は、セルフチェックを行いましょう!
毎月、生理開始の1週間後ぐらいに行うと胸がはらないのでおすすめです。
また閉経した人は毎月日にちを決めて行いましょう。

鏡の前で両腕を下げたポーズになり、左右の乳房や乳頭の形を覚えておきます。

次に、両腕を上げて正面、側面、斜めから鏡に映し、A.乳房のどこかにくぼみやひきつれたところがないかB.乳首がへこんだり、湿疹のようなただれができてないかを調べます。

あおむけに寝て、右乳房を調べる時は右肩の下に薄い枕などを敷き、乳房がたれず胸の上に平均してバランスよく広がるようにします。

乳房の内側半分を調べるために、右腕を頭の後方に上げ、左右の指の腹を使い、軽く圧迫しながらまんべんなく触れていきます。

外側半分を調べるには、右腕をカラダの横に自然な位置に下げ、左手の指の腹で同じようにまんべんなく触れてみます。
右の乳房の検診が終わったら、左の乳房も同じ要領で検査してください。
※触れるときは必ず指の腹を使って、指先でつままないようにしてください。

入浴時にセルフチェックする際は、石鹸をつけて触るとすべりがよくなり、わかりやすくなります。

左右の乳首を軽くつまみ、異常な液がでないか調べます。


毎月セルフチェックをしているうちに、自分の乳房の普通の状態がわかるようになり、異常を早く見つけられるようになります。

もし異変を感じたら、必ず乳腺外科など専門医の診察を受けましょう!


あなたもピンクリボン大使! 
お友達にもセルフチェックをおすすめしましょう!




 お友達や家族にもシェアして、セルフチェックの習慣をひろめましょう!


情報提供:公益財団法人 日本対がん協会


ページのトップへ


スマホ版で見る

スマホ版トップへ