セルフチェックの方法

月に一度の新習慣 簡単3ステップで自己検診

乳がんは自分で発見することができる数少ないがんです。乳がんは乳房の中に固くて痛みの少ない小さなシコリができます。このシコリの有無を調べること、それが「自己検診法=セルフチェック」です。毎月、生理開始の1周間後ぐらいに行うと胸がはらないのでおすすめです。また閉経した人は毎月日にちを決めて行いましょう。

STEP-1

検診イメージ

鏡の前で両腕を下げたポーズ
になり、左右の乳房や乳頭の
形を覚えておきます。

検診イメージ

次に、両腕を上げて正面、側面、斜めから鏡に映し、
A.乳房のどこかにくぼみやひきつれたところがないか
B.乳首がへこんだり、湿疹のようなただれができてないか
を調べます。

STEP-2

検診イメージ

まず、あおむけに寝て乳房がたれないように胸の上に左右が平均してバランスよく広がるようにします。

検診イメージ

乳房の内側半分を調べるために、右腕を頭の後方に上げ、左右の指の腹を使い、軽く圧迫しながらまんべんなく触れていきます。

検診イメージ

外側半分を調べるには、右腕をカラダの横に自然な位置に下げ、左手の指の腹で同じようにまんべんなく触れてみます。

右の乳房の検診が終わったら、左の乳房も同じ要領で検査してください。

※触れるときは必ず指の腹を使って、指先でつままないようにしてください。

検診イメージ

バスタイムでもOK
入浴時に検診する際は、石鹸をつけて触るとすべりがよくなり、わかりやすくなります。

STEP-3

検診イメージ

左右の乳首を軽くつまみ、異常な液がでないか調べます。

セルフチェック終了!

セルフチェックOK!
毎月自己検診をしているうちに、自分の乳房の普通の状態がわかるようになり、異常を早く見つけられるようになります。

監修:財団法人日本対がん協会

ピンクリボンクイズとは

ピンクリボンクイズは、乳がんのことをもっと知ってもらうためのサイト。とっても大事なことなのに、忙しい毎日に追われて、どうしても検診が後回しになっていませんか?

このピンクリボンクイズを通じて、乳がんのこと、もっと知ってほしい。そして定期的なセルフチェックと検診を受けてほしい。

閉じる